葬儀は地域によって風習があり、マナーの違いもいろいろあります。特に関東と関西では通夜ぶるまいや骨壺の大きさ、日程などに違いがあると言われています。なかでも神奈川県相模原市は昔からのしきたりもあり、自宅葬が多いとされています。通夜ぶるまいでは故人を偲んで参列者にも食事をふるまうなどの昔からのしきたりもあり、近隣も助け合って料理を作ります。一方、同じ県内であっても横浜などの都市部は、他地域からの住民も多く、葬儀場での家族葬が多いなど状況が異なります。相模原市には3区あり、それぞれ区に葬儀場はありますが、都市部に比べると少ないため、希望する葬儀場で行えない場合ほかの地域で行うこともあります。相模原市在住の方が利用できる相模原市営斎場は火葬場も併設する比較的大きな葬儀場で、小規模なものから大規模なものまで対応してくれるので、相談してみるとよいでしょう。

相模原市の葬儀事情と葬儀場の探し方

神奈川県の平均葬儀費用は112万円ほどといわれています。相模原市にはホールを持ち100名~200名規模の葬儀もできる斎場や、家族だけで心のこもった見送りができる小規模な斎場、寺院が運営している斎場などさまざまあるので、故人や家族の要望に合った条件の式場を選びましょう。火葬場の併設されていない斎場の場合は移動についても考えておきましょう。参列者の多い葬儀の場合は駅から近い場所を選ぶなどの配慮もしておくとよいです。また火葬場や葬儀場が多くないため、予約がいっぱいで順番待ちといった状況になることもあります。亡くなってから数日間葬儀を行えないことも多いです。そのため遺体を安置しておける場所の確保をしてもらえるか、エンバーミングなどの対応をしてもらえるかなども気にしておくとよいでしょう。

相模原市での葬儀社選びについて

大切な家族が亡くなってしまい、悲しみに打ちひしがれているときに冷静な判断はできないものです。相模原市で条件に合った葬儀社を探すなら、急ぎの場合であっても24時間対応で葬儀社を紹介してもらえるサイトがあります。ネット見積もりも依頼できます。病院で亡くなった場合に葬儀社を紹介される場合がありますが、希望する形式や予算、場所などを優先に納得できるところを選びましょう。問い合わせに対し丁寧な対応をしてくれるかどうか、希望に見合った提案をしてくれるかどうか、見積もりの内容は明瞭になっているかといった点をポイントに信頼できる葬儀社を選びましょう。また、葬儀ディレクターという厚生労働省が認定する資格を持っているスタッフが在籍している葬儀社であれば知識が豊富で迷ったときにも頼りになります。